美しさを損ないたくない!審美歯科に足を運ぶ価値

機能だけ回復しても仕方ない

歯の治療は機能だけの問題に完結しているわけではありません。例えば虫歯は引き抜く事によって治療できますが、こうした治療法を選択すれば外見の魅力は大きく損なってしまうのです。もしもできるだけ外部から目だたない歯の治療をしてほしい場合、歯医者選びにこだわる事が重要です。一般的に見た目の美しさを重視している治療法を取り入れているのは審美歯科ですから、そうした点を重視してほしい場合は足を運びましょう。矯正治療一つとっても選択肢が広がります。

ホワイトニングで注意したい

ホワイトニングと言えば、歯の黄ばみやシミが気になる人にとって欠かせない治療法です。しかし見た目の美しさに無頓着な歯医者でこうした治療を受けた場合、患者さんの肌の色と合わないほど白い歯になってしまったり、トラブルが発生する事もあります。しかし審美歯科であればホワイトニング治療を始める前の段階で患者さんが望む歯の色をヒアリングしてくれる場所も少なくありません。外見に違和感を発生させない目だたない歯の治療をしてほしい場合は考えましょう。

矯正治療の違いを考える

歯の美しさを大きく損なうトラブルと言えば歯並びが挙げられます。隙間があるだけでなく上下で乱れている歯は笑った際に不恰好ですから、どうしても気になってしまうものなのです。こうした歯並びを審美歯科で治療する場合、透明なワイヤーなどを用いて行なってもらう事ができます。このような方法であれば矯正中でも外部から目立ちません。また、矯正治療用のインプラントを使用した治療であれば、透明なワイヤー以上に違和感が発生しないのです。

なぜ良いかというと、その自然な透明感。まさに本物の歯のようです。また陶器ですので変色もありません。これだけでももうオールセラミック一択という意見が多いです。